準備しておくべき事柄

準備しておくべき事柄

  • 会社の商号
  • 会社の所在地
  • 会社の営業目的
  • 「発起人」及び応募者の引受口数
    (資本金をいくらにするか?1口5万円で1人最低1口以上引受ける事。最低資本金は1,000万円以上)(但し、確認株式会社を除く)
  • 会社の決算期
    (会社の会計期間を決める。例えば自10月1日至9月30日、但し1年を超えることはできない。)
  • 資本金を払込する銀行
  • 代表取締役(取締役の中から選ぶ)、取締役(最低3人)及び監査役(最低1人)の就任予定者。前述の通り必要な枚数の印鑑証明をそろえる。

その他の備考

  • 上記事項の決定後だいたい2週間位で設立できます。
  • 設立費用は資本金を除き合計で約32万円です。
  • 会社の代表印(いわゆる「丸印」)は、特に定めがないので個人の実印等でもかまいませんが、対外的信用等を考えますと、一般的な様式のものを新たに調達したほうが良いと思われます。
    (領収書などに押す「角印」も作っておくと便利です。)
  • 官公庁の許認可が必要な業種(一般公安→質屋・古物商、保健衛生→飲食店 その他)については、別途関連する役所にて事前の打合せが必要です。

目的の記載例

良い例
  • 店舗内装及び外装設計並びに施工
  • 生鮮食料品、加工食料品、冷凍食料品の販売
  • スポーツ用衣類の製造及び販売
  • コンピューター及び周辺機器並びにソフトウェアの販売
  • グラフィックデザインの製作
  • 不動産の賃貸、管理、保有並びに運用
  • 配送センターの管理、運営
  • 商業デザインの企画、設計
  • 情報処理サービス業並びに情報提供サービス業
悪い例
  • エクステリア製品の販売(具体性がない)
  • 住宅関連商品の販売(具体性がない)
  • 食品加工販売(明確性がない、加工食品の販売は可)
  • 繊維製品の販売(具体性がない)
  • プラスチック製品の製造(具体性がない)
  • 家庭用電気製品その他機械器具類の販売(具体性がない)
  • コンピューターソフト、OA機器ソフト等、ソフトウェア開発及び販売(明確性がない、外国語の使用不可)
  • 各種情報機器の販売(具体性がない)
  • 飲食業(具体性がない、「飲食店業」は可)
  • 損害保険の取扱業務(損害保険代理店業は可)
  • 建築物の運営管理並びに建築物の環境衛生管理の請負(明確性がない)
  • 理容、美容、健康サロンの経営(具体性・明確性がない)
  • コンピューターによる健康診断(適法性がない)
  • ギフト商品の販売(具体性がない)

メールでのお問い合わせはこちら

吉祥寺の会計事務所、中野会計事務所は、節税に強い会計事務所です!
弊社では、「合法的な節税により節税の痛みを最小限に抑えつつ、かつ一円のゴマカシもなく納税すること」を再優先と考えております。
そして正しい税務計算を行うためには、前提として「利益=会社の実力」を正しく計算する必要がありますが、中野会計事務所はお客様の経営実態を「数値」に現し、わかりやすく「事業経営の羅針盤」としてご利用いただくこと、すなわち経理(=経営管理)の面から適時・適切な経営サポートを行います。
具体的には「事業計画と予算策定から始まる経営助言活動」と、「決算前に納税予測を行うことによる適切・的確・合法な節税の提案活動」の2本柱で数字の面から会社をサポートいたします。