節税とは?

企業の成長に「節税」は不可欠です!

税金は、国や地方公共団体の運営のために必要なものであり、憲法にも納税の義務はきちんと定められています。しかしながら、企業経営の観点からは、いくらたくさん支払ったとしても直接の見返りがあるものではないため、必要最低限に抑えることは経営上の重要な課題となります。このように「税金を節約すること」を一般に「節税」と呼んでいます。節税と脱税は違います。合法的な節税は積極的に行いましょう。

魔法みたいな節税ってないの?

本当の節税は、どれも魔法のようにパッと税額が安くなる、というものではなく、論理的かつ合法的な理由があります。つまり手品と同じで、タネも仕掛けもあるのです。そのタネや仕掛けをきちんと理解して、そのメリット・デメリットも理解した上で、実行していただきたいと思います。

「資金を要する節税」と「資金を要しない節税」、どちらが優先?

節税には資金を要するものと資金を要しないものの2種類があります。資金を要する節税の場合、やり過ぎると資金繰りの悪化を招きます。「資金を要しない節税を出来る限り活用した上で、資金を使う節税を実施する」「節税した後の資金繰りも十分考慮する」この2点は、非常に重要です。

本当に効果があるの?

世にいう「節税商品」には、当面の税金は安くなるが後日かえって税金が高くなる、という性質のものもあります。上手く使えば非常に有効ですが、後日の税金の増加への備えがない場合には結局損をしますので、事前に検討しなければなりません。

国の政策に沿うと節税になるの?

政府は、その政策を推進するために、政策に沿った企業行動を取ると節税になる制度<政策減税>を常に実施しています。こうした政策減税は、合法的な節税の代表的なものです。

節税を一生懸命やっていたら、従業員の態度が悪くなったんだけど?

上記の「資金を要する節税」の弊害のひとつに、従業員から「そんなに節税のために資金を使うなら、自分たちの給料を上げてくれれば良いのに!?」という不満が生じることがあります。従業員のための資金投下でも節税となるものも少なくありませんし、何よりも、節税が企業にとって重要な経営課題であることを従業員に理解してもらうことも大切です。

会社設立をお考えの方へ
相続について