最新情報(ブログ)

モータースポーツと自動車産業

2008年12月17日

吉祥寺の税理士事務所、中野会計事務所です。

ホンダがF1からの撤退を発表してまだ間がありませんが、今度はスズキが世界ラリーから撤退するとの報道がありました。更にはスバルも世界ラリーからの撤退を検討していると報じられています。
地球上で最も華やかで、最もお金がかかり、最もシビアなスポーツとも言われるモータースポーツ。そこに参戦することで時に革新的な技術が産み出され、自動車メーカーのブランド力が確立され、そこで培われたものはやがて市販車にフィードバックされていきます。
その開発費を見直さなければならないほど、今の自動車産業は厳しい現実に直面しているのかも知れません。
日本車が撤退したら、世界ラリーはフランス車だけになってしまう・・・

会社設立をお考えの方へ
相続について