最新情報(ブログ)

首相の退陣

2010年06月3日

吉祥寺の税理士事務所、中野会計事務所です。

首相の退陣報道が、列島を駆け抜けました。
普天間基地移設問題、政治とカネの問題で責任を取り、幹事長と共に表舞台から身を引くという表明演説、致し方のない所でしょうか。
昨日報道されていた与党の動きについて、「?」と感じたこと。
?「国民が聞く耳を持たなくなった」と嘆いていらっしゃいますが、そもそもマニュフェストの実行に程遠い政治運営が国民の期待に応えていない理由を釈明すべきでは?
?与党のご意見番を自認するお方が「私が言った通りになったじゃろうが」とご発言されましたが、世間一般では失敗の責任を代表者がとるのはごく当たり前のことなので、誰もが予測しうる結果ではないでしょうか?
?与党の若手議員の方が、支持者からの問い合わせに「困ったことになりました」「誰についていくか見極めて」などと答えていましたが・・・
そうじゃないでしょう!
「例え党代表・幹事長が交替しようとも党一丸となってマニュフェスト実現に向け全力を尽くし、支持者は勿論 国民の生活を一番に考える党の政治を貫くだけです」という答えでなければ、政治家の立ち位置が有権者に見えてこないのではないでしょうか?

会社設立をお考えの方へ
相続について