最新情報(ブログ)

東京都議選と衆議院選挙の行方

2009年07月13日

吉祥寺の税理士事務所、中野会計事務所です。

昨日、東京都議会議員選挙が行われ即日開票の結果、民主党が初の第一党に躍進し、一方で自公連立でも61議席と過半数割れとなりました。
一連の各県知事選や市長選で大きく風の流れが変わりつつある中行われた今回の東京都議選。与党陣営からは「地方選と国政選挙は違う」という不思議なスローガンが掲げられてきましたが、いくら地方選挙とはいえ1,000万人の東京都民が投じた回答に耳を傾ける時なのではないでしょうか。
また、野党にとっても決して今回の結果が野党信任の投票行動ではなく、政治の現状や国の改革速度・改革方向に対する「No」を託されているという事を重く受け止めて欲しいと考えます。
いよいよ衆議院選へ秒読みに入りましたが、国民が政治に何を求めているか、この国の未来にどのような希望を描けるのかを知る上でも大きな転換点となることを期待します。

会社設立をお考えの方へ
相続について