最新情報(ブログ)

除染費用支払い拒否

2013年10月28日

吉祥寺の税理士事務所、中野会計事務所です。

昨日の武蔵野市は、昨日までの雨模様と異なり、非常に暖かくなりました。
大島では、行方不明者の捜索が再開されたとのことで、
1日も早く、被災者皆さまの身元が確認できるよう、
そして元通りの生活に戻れるよう、
自衛隊や警視庁の方々には救助活動に努めていただきたいと思います。

さて、昨日の新聞一面には、驚くべき事なのか、
それとも予想通りの事なのか、非常に悩むような事実が書いてありました。

2年前の大震災において、フクシマ原発からの放射能漏れを起こした当事者である東京電力が、
その漏れた放射能の除染費支払いを拒否している事実が判明したそうです。
あまりにもあきれてしまう責任回避ではないでしょうか。
自らがおかした責任による支払いができないというのであれば、
民間の会社では通常倒産という事になると思われます。

最近、不正融資や食品偽装などの事件でも、「私は知りませんでした」
とおっしゃる方々をよく見かけますが、一般的にその立場であれば
知っていて当然だと思うのは私だけではないはずです。
もちろん我々の身近でも「私は知りません」「私ではありません」
と責任回避をする人の方が多いのが普通かも知れませんが、
社会的に影響が大きい、そして人命に関わるような事態の場合には、
もう少し他の形で責任を取るべきではないでしょうか。

メールでのお問い合わせはこちら

吉祥寺の会計事務所、中野会計事務所は、節税に強い会計事務所です!
弊社では、「合法的な節税により節税の痛みを最小限に抑えつつ、かつ一円のゴマカシもなく納税すること」を再優先と考えております。
そして正しい税務計算を行うためには、前提として「利益=会社の実力」を正しく計算する必要がありますが、中野会計事務所はお客様の経営実態を「数値」に現し、わかりやすく「事業経営の羅針盤」としてご利用いただくこと、すなわち経理(=経営管理)の面から適時・適切な経営サポートを行います。
具体的には「事業計画と予算策定から始まる経営助言活動」と、「決算前に納税予測を行うことによる適切・的確・合法な節税の提案活動」の2本柱で数字の面から会社をサポートいたします。